CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
twitter


facebook
メルマガ
メルマガ購読・解除
 
本棚&レシピブログ
Beach Side Living Menu
MOBILE
qrcode
<< 花とゥルルと音のシンフォニー | main | 6月からは渋谷でも >>
かしわ餅
ちょっと遅れたけど、昨日かしわ餅を作ってみました。

先日は、よもぎ餅を作ったけど
http://blog.beach-side-living.com/?eid=956071

今回は、よもぎはとれなかったので手抜きでドライを買って

やっぱり自然のもののがよかった。。。

小豆はてんさい糖で煮たんだけどちと甘さ控えめすぎたかなぁ〜

kashiwa

よもぎ餅のときより少し要領得たけど、お水をつけてやっても手にくっついちゃうんだよね。

でも、手で作るというところに意味がある。

手を使って作るということはその人のエネルギーが入るので、癒しとエネルギーチャージの効果があるんですね(笑)。

豆腐チョコバナナタルトを作り始めたころ、敏感な友達が感じてこれ手を使って作った?と聞かれ

そうだよと言うと、だからかぁ〜と

エネルギーをすごく感じたと言われました。

それから、手を使って作るものをやるようにしてて最近ではスコーン

このスコーンがひそかに人気で、メディスコンーン(メディスン+スコーン)と呼ばれています。

メディスンというのは、ネイティブピープルの用語で不思議な力のこと

ヒーリングという意味も含まれている。

どうやら癒しの作用があるらしいです。

話をかしわ餅に戻して、

5月5日の端午の節句に食べるものは、柏餅とちまき

柏餅に使われる葉の柏の木は、新芽が出ない限り古い葉が落ちないそうで、このことから家が絶えない、後継者が絶えることがない縁起のいい木として考えられ、柏餅はすでに室町末期頃から、広く食べられていたそうです。

でも今と違って中の餡は、小豆のこし餡ではなく味噌餡だったそうです。

ちまきは、中国伝来の物で、端午の節句とともに日本に入ってきたもので、餅米やうるち米を草の葉で包んで蒸した物で、文字通 り茅で包んだ物や笹の葉で巻いた笹ちまきなどがあります。

笹には整腸作用があり、やはり薬効あらたかな薬草で包んだ葉をはがすと、餅米が緑に染まりとても綺麗で、健康にいい食べ物。

昨年知った(笑)、菖蒲湯にも入りました。

shobu

--------------------------------------
■菖蒲湯
菖蒲は「軒しょうぶ」と言って、ヨモギと対にして軒にさし、魔よけとして使われたりしました。

菖蒲の長い葉は、強い香気があるので、この香りの強さが不浄を払い、邪気を遠ざけてくれるといわれています。

屋根の上おくことによって邪気や疫病を祓うと考えられていたのです。或いは、お風呂にいれることで体をきよめ、疲れを除こうとしたのです。

また「菖蒲(ショウブ)」は、「勝負」や「尚武」に通じることから、江戸時代から男の子の出生を祝って、端午の節句に菖蒲湯に入ることが習慣になったといわれています。
--------------------------------------

| 神社、神宮、行事、祭事、お寺、仏事など | 23:03 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
YUKAちゃん、こんばんは!
柏餅、美味しそうだね。
私は最近、大福をよく作っています(笑)

菖蒲湯、私は毎年かかさず入っているよ。
子供の頃は、祖母に湯船に浮かんだ菖蒲の葉を
一枚頭に巻かれ、菖蒲鉢巻をしながら
お風呂に入っていました。
意味は「その年一年が健康でいられる」とか。
| 明子 | 2009/05/12 10:49 PM |
>あっちゃん
大福もいいねぇ〜
今度やってみる!

今日は、何年ぶりだろう
幼なじみ仲間のNちゃん(わかる?)と偶然あって話したの。

おばあちゃんそういうの詳しそうだったもんねぇー
| Yuka | 2009/05/13 11:57 PM |
Nちゃん、YUKAちゃんは「Nべぇ」って呼んでたよね?
懐かしいなぁ。
あの頃、小町通りには同年代の子が
結構いたよね。
| 明子 | 2009/05/14 2:20 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.beach-side-living.com/trackback/964190
トラックバック