CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
twitter


facebook
メルマガ
メルマガ購読・解除
 
本棚&レシピブログ
Beach Side Living Menu
MOBILE
qrcode
<< そのままを伝えて、浮き上がる罪悪感は手放す | main | ”すごい!”を使わない >>
わからない、できないと言えない

わからない、できないって恥ずかしいこと?

 

わからない、できないと言うことでそんなこともわからないの?できないの?と思われるかも?

 

そんなこと考えるためにエネルギー使うのもったえなくない?

 

その場で聞いてしまえば、すぐに終わり次に行けるのに

 

どうしようと思っている間には何も進まない

 

わからない、できない状態で時間が経過していくと状況は悪化していく

 

初めの段階で処理しておけば軽く済むのに、時間を経ってからだと処理するのに時間を要する

 

聞くことがすぐにできる人はどんどん軽やかに進んでいく

 

たったこれだけでどんどん差ができてしまう。

 

これはプライドがじゃまをしている。

 

子どものころからできることが当たり前で来た人、育った環境でそうせざるを得なくてできない、わからないと言ってはいけないという思い込み

 

自分にはできない、自分にはなにもないと感じながら、できることを装うことでエネルギーの無駄遣い

 

使うべきところにつかわず、意味のないところに流している

 

こんな状態から抜けられない人は、無価値観を手放しましょう!

 

子どものころに否定された、間違えたときに恥ずかしい思いをしたなどその思いをしたときに状況が浮かび上がってくる人もいると思います。

 

それがでてきたら、そのときの感情を再度味わって、その感情はもう必要のないものなので手放しちゃいましょう。

 

この手放す作業、自分がやりやすいイメージで

 

お風呂に入ったときに排水溝にながれていくのをイメージしてもいいし

 

深い呼吸をして吐くときにその感情がでていくのをイメージしてもいい

 

風船の中に吐き出して、その風船が割れて宇宙に飛んでいき浄化されるでもいい

 

自分の想像力を使って自由にイメージしてみるといいと思います。

 

 

 

| Awakening/目醒め | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.beach-side-living.com/trackback/1009257
トラックバック