CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
twitter


facebook
メルマガ
メルマガ購読・解除
 
本棚&レシピブログ
Beach Side Living Menu
MOBILE
qrcode
<< 小麦 | main | ベーキングパウダー >>
乳製品
白砂糖、小麦粉に続いて乳製品

少し書いたことあるけど、食生活を変えるときには意識する食材には欠かせない。

すべてがよくないわけではなく、大切なのは選び方

私は初めて食生活を変えるときには牛乳をやめました。

そのときまでは家ではコーヒーに牛乳を入れてカフェオレばかり飲んでました。

パンにカフェオレ

今考えるとキケンな朝食

マーガリンはさすがにほぼ取ったことはなかったけど

何回かストイックに食生活に制限かけていた時期があったので、そのときには乳製品はとっていませんでした。

10年くらい前に新しくオープンしたジェラート屋さんがジェラート作りに使ってる牛乳を知りました。

その牛乳がどんな環境で、どんなものを食べて、どんな育てられ方をしているか、そのときそうだよなぁ〜と

それまで考えたことのなかったこと

ただ単に乳製品をとらないとしていました。

理由など考えずに

そのジェラートに使っている牛乳は簡単には手に入らない

でも。いつも買い物に行くところには同じメーカーの違う牛乳がありました。

牛の種類に違いがあったり、殺菌法にも違いがあるんです。

牛乳かと思ったら混ぜ物が入っているものもあるんですよね。

見た目は牛乳だけど、よく見るとあれ?と

牛乳とは表示されないけど、ミルクとは表示されている。

そんな違い普通はみつけられない

意識してみなければ

値段が安いからと言う理由だけで買う人もいるだろう

ノンホモと書いてあるものも見かけると思うけど、混ぜ物が入っているものをホモジナイズと言うらしく、それが入ってないと言う意味でノンホモ

あと、低温殺菌という表示も見かけます。

この低温殺菌でないとカルシウムなどの栄養分は破壊されてしまう。

うちで飲んでる牛乳を牛乳苦手な友だちが試してみたら、臭くなくておいしいと

どんな育てられ方をしているかは重要

何を食べているか

どんなところにいるか?ぎゅうぎゅうに狭いところにいるのと、自由に放牧されているのではストレスが違う

早く育てるためにホルモン剤を打っていたり、どんな餌を食べているのか?環境は人間と同じく影響はある。

これらのようなことを公表している牛乳ならば安心して飲める。

牛乳だけでなく、ヨーグルト、チーズ、生クリームなども

加工品となると添加物が入っているものも多い

生クリームと言っても生乳100%じゃないものだってある。

変なツヤがあるものは混ざり物

手軽だから冷凍のホイップされたものを使っているのお店も多い

パフェもこのクリームで美味しさが左右される。

せっかくいい果物を使っているのにこの混ざり物を使われるとがっかりしちゃう

チーズケーキとかもほぼ添加物いりのクリームチーズ を使っているだろう。

加工品も信頼できるところで買いたい

なかなか近くにないかもしれないが、自然食品屋さんへ行けば手に入る

バターもね。

パンにもバターが使われているものが多い

マーガリンなんてとこもあるけど

どこのバターを使っているかも気になるところ

ホントこんなこと知ってしまうと食べるものが限られる

簡単にどこかで食べればいい、買えばいいという事が出来なくなる。

ストイックになればなるほどカラダがクリアになるので、食べたときに反応する

ストイックにやっていたときはよく頭が痛くなっていました。
| Natural Life/ナチュラルライフ | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.beach-side-living.com/trackback/1009203
トラックバック