CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
twitter


facebook
メルマガ
メルマガ購読・解除
 
本棚&レシピブログ
Beach Side Living Menu
MOBILE
qrcode
<< 乱気流に慣れる | main | Balance >>
2014 立春

gorakadan

またまた今日もすごい雪ですねぇ〜

こんな静かな日は、じっくり自分自身と向き合うのにぴったり

2月に入って10日間で3回目

今まで自分自身と向き合っていなかった人もそろそろやろうねーってこと?

立春過ぎてからまだ自分と向き合うことを始めていない人に、いろいろなことが起こっているようです。

私のところに集まってくる情報って、まったく違うところからでも同じようなことが入ってくるんですよ。

なんか同じような話聞いたなぁ〜ということが多々あります。

初めて経験する人にとっては、怖いと思っちゃうかもだけどそこからの抜け出し方がわかってしまうと自分自身を深く知ることができるのでワクワクしちゃうんですよね。

このところ私自身が経験したことを周りの人たちが体験することが多く、見守りながら自分自身の振り返りをさせてもらってます。

今回の立春は、箱根へ行ってきました。

hakone0204

おもしろい出来事が起きるのはいつものことですが

出来事は体験を通してしか感じることができないことなので、ここには書かないけどね。

三社お参りした後はいつもお決まりのコースなんだけど、今回はいつもとちょっと違うというかワンランク上の楽しみ方をしてきました。

ランチは、強羅花壇での会席料理

gora1

gora2

gora3

gora4

gora5

gora6

gora7

久しぶりに食事の写真をアップ

どれも味も器も素敵で大満足

宿泊することはできないけど、いつもとは違う異空間を堪能してきました。

cafe

ティールームも特別な感じの空間

で、次の温泉もいつもとは違った楽しみ方

天山でも雪の中、個室を借りての奥の湯

tenzansnow

天山は、20才頃からずーっと通っている温泉だけど奥の湯があることご知ったのは最近になってから

なわけで、ここでもいつもとは違う異空間

更に、雪がどんどん強くなりあっという間に積もって

大丈夫でしょぉ〜なんて温泉を楽しんで出てきたら、車が雪ですごい状態になってました。

ゆっくりブレーキをかけないように箱根の山を下ってきました。

同じ場所でも毎回違う体験ができる。




 

| Going out/おでかけ | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.beach-side-living.com/trackback/1009047
トラックバック